これから株を始めようと思っている初心者さんへ向けた株サイト

株取引ってどのようなもの?という疑問にお答えします。おすすめの証券会社紹介もあり!

そもそも株って何?

■株でお金が稼げるのはなぜ?

株とは、企業の運営をお金で援助する代わりに、売り上げの一部を配当金として受け取るシステムだとお考えください。会社の運営にはとてもお金がかかるものです。商品を一つ売り出すにしても、商品を開発するための人件費、製造するための費用、受注・配送システムの整備など、様々なものにお金がかかり、規模が大きければ何千万という金額が必要になります。例えば10年、20年かけてじっくり資金を貯めてから事業を開始するのであれば問題ありませんが、多くの場合は借入という形でお金を集め、事業を開始してから返済をしていく方法をとる場合がほとんどです。

しかしいくら企業とは言え、最近できたばかりの会社では信用もありませんし、銀行から1000万円を超える融資をしてもらうことはできません。信用があり、融資してもらえたとしても、返済には金利がかかることになります。返済金額と金利分、その他社員たちの給料の支払い、必要経費を支払って、さらに利益が出るようにするには相当な努力が必要になります。また倒産してしまった場合は、大きな借金が残りますから、経営はギャンブルのようなものになってしまうでしょう。そこで、会社の株を売りだし、資金を提供してくれる人を募集してお金を集めるのです。これが株の原理。株は、売り上げがあった場合のみ、株主に配当金を支払えば良く、万が一倒産しても、受け取ったお金を返済する義務は発生しません。つまり、株を売り出した方が、企業は運営しやすくなるということですね。

■株を売っても買う人がいなければ意味がない

あたり前のことですが

株主となって企業の株を買う人たちは、確実に配当金を受け取れる企業への投資を望みます。だからこそ、昨日できたばかりの小さな会社の株を買ってくれる人はいませんし、そういう会社の出資者(株を買ってくれる人)は、企業が自力で探すしか方法がありません。株の世界には「上場企業」という言葉がありますが、株式市場という公の場で、自分の会社の株を売り出せるようになるには、いくつもの厳しい条件をクリアする必要があり、できたばかりの会社では参加することができません。つまり、市場で取引可能な企業は、ある程度信用できる企業であることが保証されていることになりますが、当然のことながら、経営がうまく行っているところとそうでないところがあり、どこに出資すれば利益となるのかを見極めるのは難しく、時には大きな損をすることも覚悟しておかなければならないということです。

株証券会社 おすすめランキング

楽天証券
楽天証券は、ネット証券最強と言われる「マーケットスピード」というトレーディングツールを利用できるのが最大の特徴です。このツールを利用するには3ヶ月3000円という利用料金がかかるのですが、個人投資家向けにプロ水準のツールを提供しているのは楽天証券だけです。

このツールは完全リアルタイムの株価自動更新機能を搭載したオンライントレード用のソフトウェアで、値動きをじっくり観察したい初心者さんは勿論、長期投資家の方々や、熟練のデイトレーダーをも唸らせる、強力な投資ツールとして使われています。




株式会社SBI証券
実際に株の取引をして、勉強しつつ、資金を得たいとお考えの方には、SBI証券がおすすめです。業界最大手で安心の証券会社であることは勿論、ここではミニ株よりさらに小さな単位で取引ができるS株という扱いがあります。通常は1000株単位が主流で、それを100株単位程度にしたものがミニ株という扱いになっていますが、SBI証券のS株はなんと1株から購入可能です。

1株500円なら、500円から取引ができるので、例えそれが損失となっても、大きな痛手にはなりません。例え1株であろうと株は株です。ちゃんと売買することができるので、しっかり研究することが出来るでしょう。




マネックス証券
マネックス証券の一番の魅力は、ツールがとても使いやすい、分かりやすいということではないでしょうか。他証券会社のツールは機能性が高い分、操作が難しい、初心者には分かりにくいところもあり、最初は戸惑うことが多いかもしれませんが、マネックス証券のトレードツールはとても優しい仕様になっています。

2010年のことですが、オンライン証券会社ランキングで堂々の1位を飾ったという経緯もあります。最初のうちは自分でツールを操作することが多いと思いますが、慣れてくると売買を自動で行う機会も増えてくるでしょう。




GMOクリック証券
GMOクリック証券は2012年度のオンライン証券ランキングで1位を獲得しました。一時期はダウンタウンの松本さんがサムライ姿でCMをするなどして、話題になったことでも有名です。GMOクリック証券の一番の魅力は手数料の安さにあります。

20万円以下での取引なら、なんと手数料はたったの105円!デイトレードでとにかく取引回数の多い人にとっては嬉しい価格帯ではないでしょうか。またクリック証券に口座を持っている人ならば、だれでも高性能のトレーディングツールを無料で利用することができます。




ライブスター証券
ライブスター証券では現物取引、信用取引、日経225先物・オプション取引など、種類豊富な取引が行え、取引の形に囚われない慣れた投資家さん向けの証券会社です。新規に口座を開設すると、これらの取引にかかる手数料が2ヶ月間無料となりますので、期間中にどんどん取引を行った方がよりお得になると言えるのではないでしょうか。

また通常の場合でも10万円以下の取引であれば、手数料は84円。20万円以下なら105円。50万円以下でも189円なので、取引回数の少ない方にとっても、多い方にとっても、この手数料の安さは魅力ですよね。




株の基本

株式投資とは、どのような仕組なのでしょう?
株を始めるために必要な資金はどのくらい
株を買うだけでは意味がない?取引しよう
証券会社を利用するメリットについて